So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

La Danse - le ballet de l'opera de paris [Ballet]


パリ・オペラ座のすべて [完全限定生産デラックス版] [DVD]

パリ・オペラ座のすべて [完全限定生産デラックス版] [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: DVD



友人からDVDをプレゼントしてもらって見ました。
パリオペラ座の裏側です。
昔のABTやベジャールのドキュメント映画にカンジが似てます。
が、踊りが比較的コンテンポラリー色が強いというか、最後なんてテクノというのかアンビエントというのかな的音楽でエンドクレジットですよ。なので、パリオペのクラッシックを見たいひとはちょっとガッカリするかもしれないなぁと思いつつ見てました。ワタシはきらいじゃないです。マッツエックとかピナバウシュとかきらいじゃないです。

あと、バレエって見てるだけだと夢の世界にいざなってくれるけど、現実的な興行スケジュールだとか、経営だとか、ダンサーがリタイアした後の生活保証だとか、やっぱり問題はいろいろあるわけで、そゆことについても映像にでてきます。

裏側を見るとまた一段とバレエが楽しくなる。そして、どれだけの裏方の人たちが舞台を支えてるのかなどと考えると、それだけでもすごく感動する。

あと、引退前のルグリがちょっとでてます。
好きなんですよね、ルグリ。男性のダンサーとしても人としても。とても懐が深そうなんだもの。
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ちくちくとお裁縫するの巻き [Ballet]

100527_1824~0001.jpg100527_1821~0001.jpg今日はちくちくとお裁縫。

昨日もバーレッスンを受けにいってきて、その後、少しポワント履いたのだけど、痛いの、ココ、カカト。ゴムをつけてるんだけど、縫い目が擦れて痛いので、カバーをつけた。案の定、左はすでに2つマメができました。きゃー、この写真、お裁縫があんまり上手じゃないのがバレバレじゃないのー。
まぁ、要は、なんつの?ついてればいいからね?w

東京で教えてもらっていた新国の先生が、足にマメができたら、消毒した針で中の水抜いて皮膚をとらないでそのままかぶせておく方がイイと言っていたので、そうしてみました。バレエやってると痛みに強くなるっていってたけど、確かにそうだろうなぁ、と、いつもポワントを履くと思うのだた。

ポワント履くと、痛いし、動けなくなるし。

デュポンは、ジロは、なぜにあんなに美しく!って思うケド。
話を聞いていると10歳から同じエクササイズをずーっとやっていると言っておりました。
やはり、げーじつは奥深くて一筋縄ではいかないのだ。
でも、だから面白いんだと思うます!

レッスンに行ってきたぞう [Ballet]

100523_2351~0001.jpg100525_1132~0001.jpgこれわ、うまいっす。冷蔵庫でまるっと一日置いた紅茶のスポンジケーキ。そうか!この手でいろいろ混ぜちゃえばいいってことかぁ。もうひとホール焼いて、紅茶をいただいた同僚に食べさせてみよー!

昨日はまたまたレッスンに行ってまいりました。
ムズカしかたなぁ〜、ポワントも履いたけど、ムズカシかったなー。
ブリゼブリゼ、グリッサード、パデュシャ、・・・後なにやってたか忘れてしまった。とにかくパがてんこ盛りのセンターなので、忘れる忘れる。
でも、コドモ達はちゃんとやってました。さすがだ。
オトナからのバレエは感覚じゃなくて、頭で考えてカラダに伝えるのに時間がかかるので、難しくなっちゃいますね。2回じゃなくて、何度かやりたい気分になる。

何年ぶりかのポワントですよ。
ポワントで右足にのる時にうまくのれないぞ・・・と思ってたら、どうも右足の親指に痛みを感じていたらしく、自然とカラダが体重をかけないようにカバーしていたもよう。分析の結果、ただ単に右足の爪が伸びすぎていただけで、切ったらのれるようになりました。
人間のカラダって不思議っすね、いろんなところが連動している!爪の管理も大事。

つわけで、汗だくでレッスンを終了。
オトナの方がひとりいたので、発表会の練習を一緒にやってもらいました。
振り付けであいまいだったところを小さい先生に質問しまくりですよ。
小さい先生、来月は東京らしー、それも大岡山のスタジオ!
みかけたら、どうぞよろしく。

バレエのレッスン - 楽しい! [Ballet]

昨日、ひっさしぶり、といっても2週間ぶりに行ってまいりました。
あぁ、筋肉痛。

楽しかったですぅ。
朝からすんごい雨で、一度帰宅することはムリそうだったので、レッスン道具一式を持って会社へ。
いつもはチャリだけど、歩きだと時間がかかるからなー。

スタジオっていいですね、こう、空気がイイ。なんだろな、あれって。

レッスンを受ける前に先生から、今日はレッスンが早く終わってしまうかもしれないと告知されていたのですが、結局センターを3種類して終了!
なぜ、早く終わるかというと、先生の先生がやってきて、近々ある発表会の振り写しをするんだとか。Sumiさんも入ってみたら?って言われて、楽しそうですねなんていっていたのですが、ホントに入ってみることに。

楽しい!w

でもなー、発表会にはでれないと思うんだよなー、時間的にも資金的にも。
でもなー、楽しかったなー。うーむ。

ココのバレエ教室は月謝制があって、なかなかお得かもしれないです。

この日は発表会用のパンフレットの写真を撮るためなのか、カメラマンさんが入ってました。
いいなー、ダンサーの写真とか撮ってみたい・・・
とココロでつぶやきつつ、レッスンを受けていたのでした。

体験レッスンアゲイン [Ballet]

100223_1111~0001-0001.jpgつわけで、行ってきました、体験レッスン。
今回無料!それもコドモ達のadvancedだたので、ちょっと難しかったけどなんとかついていきました。あー、筋肉痛だ。
スタジオはできたてで広くてきれいだった。

しかし、初めてのところはどこ行ってもまずは緊張しますね。
先生に、そんなに強くバーをにぎらなくても、誰も襲ったりしないわっていわれました。それを聞いて、以前、まだバレエを始めてそんなに経ってない時に、宮内真理子さんのレッスンを受けて、同じようなことを言われたのを思い出しました。

ココはオトナも月謝制があって、月謝だと振替もできるとかでお得かも?
でもなー、仕事上、コンスタントに行けるかどうかが疑問なので、とりあえずチケットで行くことにしようかと。オトナのポワントも見てくれるみたい。

はじめてフェッテ、クルクルまわる方のフェッテをやりました。
意外にできたのでビックリ。最初に軸にのれさえすればなんとかなるかんじ?

グランプリエからピルエットなんていうのがあったし、意外なパの組み合わせがあって、先生によって指導ってだいぶ違うんだと思いました。

で、やっぱり、途中にジュテが入ると動けなくなるという。ジュテは、まぁいえばそんな難しいパじゃないんだけど、なんでなんだろ。自分の中に意外性があるんだろうか?うえぇそこでジュテなのぉ?っていつも思うのだった。思うに、体重移動の準備ができてないからそう思うのかも。頭で動きを想像する必要があるんだな、きっと。がんばります。

バレエ・リュス 踊る歓び、生きる歓び - ダニエルゲラー他 [Ballet]


バレエ・リュス 踊る歓び、生きる歓び [DVD]

バレエ・リュス 踊る歓び、生きる歓び [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD


昔々、ロシアからアメリカに渡って、で、バレエを広めたロシアのバレエダンサー達の歴史みたいな?ドキュメンタリーです。

有名な、マイケルフォーキン、ニジンスキー、バランシン、ニジンスカ、マシーンという振付家がでてくるけど。名前は知ってるけど、あー、こんな人たちだったのかと、人物像と歴史がわかるかんじです。マチス、ピカソ、ラヴェルとかの名前もでてくる。その頃の舞台デザインとか音楽とかをやってたんだと思う。すごくアバンギャルド(avent-gard)な舞台のようだた。

それに、その時代のダンサーって、あまり体型がほっそりしてなくて、なんか安心する。w
もう、おじいちゃん、おばあちゃんになってしまったけど、みんなイキイキしてるのがね。うらやましいです。そんなおばぁちゃんになるのが目標です。

最後にアリシアマカロバというプリマダンサーだった方が、言ってた言葉に

お金は少ししかもらえなかったけど、踊ることができて、あのデザナーと仕事ができて、って思うと、なんて豊かな人生なのかしらって思うわ。

I've never received money at that time. you say I was working. We used to be paid very little but at all if I can work with Swan Lake I can work with that designer.
I think how... you know? How rich I have.
(英語、ヒアリングしてみたけれど、なんか違うかも?違いを正していただけるとありがたいっす!)

いいなぁ、確かにそんな人生って豊かであると思います。

nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

バレエのレッスン - ちょっとだけピラティス [Ballet]

100210_1547~0001.jpgまたまた、行って参りました。
といっても、今日はピラティス的な柔軟が中心。
ワタシに足りないところなので、がんばりました。
毎日やるようにしたらいいんだな・・・
わかってわいるんだけどなぁぁあ。
今度はポワントも見てもらおう。
ポワント持って行けば見てくれるみたいだた!

東京のスタジオPではオトナのバリエーションクラスが始まったらしい。うらやましぃじゃないですか。
ワタシもひとつくらいバリエーションをこっそり踊ってみたいですっ。現在、ジゼルのペザントやってるそうですっ。

あと、今日行ったスタジオのバー用の音楽は、スタジオPと同じのを使ってて、聞き慣れた音楽が流れてきて、なんだかうれしい。

今年はじめての [Ballet]

バレエレッスンに行ってきました。
体験レッスンだったけど、ちょー楽しかった。
久しぶりに汗だく・・・とまではいかないけど、一緒に受けてたコドモ達よりは汗だくだった。w
やっぱりバレエはたのしぃね。コドモ達と一緒だったのも、なんだか楽しかった。

もう1件体験に行ってみようと思うケド、とりあえず、昨日行ったところは踊りたくなったらいつでも行けそうなので、キープだ!
先生はとっても表現力豊かで、楽しい先生だった。
もうすぐ発表会があるのか、最後はコドモ達だけでくるみの妖精の場面の振り写しをやっていました。

東京でお世話になっていた先生から、教室を選ぶんだったら、先生もだけど、生徒達を見てみるといいよっていわれて、生徒達を観察。なんか、スタジオPの生徒さん達と似ている・・・と思ったw
のんびりしてるかんじ?

しかし、スタジオPで習った基礎があるからこそ、こやって他のスタジオのレッスンに行っても、あまり臆することなくチャレンジできてるなぁって思います。だって、やっぱりコドモ達びっくりするつの。いいオトナがレッスン受ける訳で。
昨日は、最初、エレベーターの下でどーみてもバレエやってるだろというスタイルのコドモ達に出会い、ご挨拶して一緒にエレベーターに乗り込んだけど、びみょーにえぇこの人もしかして?みたいな雰囲気が漂っており、やっばいなぁ、そのもしかしてなんですけど・・・とか思いつつ。ドキドキしてしまったのでした。

こんなオトナもいるということで、彼女達にはちょっとした社会勉強になったと思う。w

ただ今、久しぶりのレッスンで心地よい筋肉痛デス。
今年の課題は柔軟!・・・がんまります。

くるみ割り人形を観る [Ballet]

091122_1033~0001.jpg金曜日、友人の誘いで東京バレエ団のくるみ割り人形を見に行ってきました。

場所は東京文化会館。実は初めて入ったのでした。この辺りの美術館にはよく行くんだけれど、舞台を見に行くのは有楽町の国際フォーラムどまりで上野まで足をのばすは初めてだったらしい。w

クララと王子は英国ロイヤルバレエのコジョカルとコボーだった。
最初、王子はマックレーってなってたみたいなんだけど、急遽コボーに変更になっていた。
マックレーのリスが大好きなので、欲を言えばマックレーの踊りを見てみたかったかもデス。

コジョカルちゃん、友人達からの情報によると、日本公演でキャンセルが多いとかで今回は大丈夫なのだろうかと思っていたけど、無事登場!クララが金平糖の踊りを踊るというバージョンだったので、コジョカルの金平糖の踊りを堪能いたしました。

ホントに舞台はいい。なぜだかわからないけれど、涙が込み上げてきそうになる瞬間がありました。

この後、誘ってくれた友人と家の近くの焼き鳥屋さんで焼き鳥食べながらバレエを語ったのだった。
焼き鳥にバレエ・・・いいんじゃないのー。w 
んでもって、SWっちどうもありがとうございました。

バレエのレッスン - 10日ぶりだったのだけど [Ballet]

月曜日はバレエのレッスンへ。

10日くらいぶりのレッスン。で、次の日の火曜日はカラダが筋肉痛の上、眠くて何も考えられない状態だた。
あぁ、そんな日もありますね。

しかし、楽しいなー、バレエ。最近、細かぁいところを注意されるようになってきた。それがうれしいような気がする。その細かいところを注意してやってみると(すぐにはできないこともあるけど)、ホントに動きがバレエっぽくなるから不思議なのだ。

やはり、これは一生やめられないお稽古事かもしれないぞ。笑

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。